賃貸経営においてサブリースを利用するメリットは

皆さんはサブリースという契約をご存知でしょうか。サブリースと言うと又貸しという意味になるわけですが、不動産業界でいうサブリースと言うのは管理会社がオーナーから建物を一括して借り上げて、そのままの状態もしくは分割して第三者に対して賃貸を行うというものです。要するに、すべてのことについてプロであるサブリース会社にお任せするという風に思っておいても構いません。賃貸経営においてサブリースを利用するとどういうメリットがあるでしょうか。

 

空室リスクから解放される

サブリースの場合はたとえ物件に空室が出たとしてもきちんとオーナーの元に家賃収入が入ってきますが、そういう形態をとらなかった場合には空室が出た時にその分の家賃収入が入ってくることはありません。基本的に免責期間以外であれば毎月一定の家賃収入が入ってくるということです。オーナーとしては空室の心配をする必要がないというのは大きいでしょう。

 

家賃がきちんと回収することができる

たとえ物件に入居者がいたとしても家賃が入ってこないというリスクはあります。こういう場合オーナーが不動産経営のプロでない限り債権回収をすることは難しいです。自力で解決するというのは不可能と言ってもいいでしょう。しかし、サブリース会社が家賃の取り立ての代行をしてくれますので、入居者から家賃が回収できないということはあり得ません。むしろ、家賃が確実に入ってこない場合はサブリース会社側に問題がある可能性が高くなります。

 

面倒なことは一切やらなくて済む

オーナーがやるべきことと言うのはサブリース会社とのやり取りをするだけでよく、入居者とのやり取りを直接する必要はありません。入居者とのやり取りは全てサブリース会社がやってくれます。自分たちがやってほしいことが反映されるかどうかというのは、サブリース会社との契約に依ります。だからこそ契約内容を把握しておかないと、困ったことに巻き込まれてしまいます。

オーナーとしては面倒な入居者管理をやる必要がない代わりに、サブリース会社選びには慎重になる必要があります。間違ってサブリース会社が破たんしてしまった時には自分たちだけでなく入居者にも迷惑がかかりますので、しっかりと経営状況などを確認しておくといいでしょう。

サブリースと管理委託の違いというのもしっかりと把握しておくべきことです。前者であれば全てサブリース会社にお任せでも構わないわけですが、後者であれば必要な管理をしてくれるだけでオーナーにも管理をすることがあります。そういう点では前者であれば面倒なことを一切やらなくて済みますが、後者であれば面倒なことこそやらなければいけなくなります。

 

確定申告を行う際にとても楽である

確定申告は期限がきちっと決まっていますので、経費計算などを全て間に合わせる必要が出てきます。サブリース契約の場合経費はサブリース会社に支払う手数料のみになりますので、集計をするのがとても楽ですので、確定申告書の作成も楽で手間がかかりません。確定申告でわからないことがあれば、サブリース会社が提携している税理士のアドバイスを受けることも可能です。サポート体制までしっかりしているわけです。

 

サブリースを利用するメリットは大きい

サブリース契約はオーナーが面倒な入居者や物件の管理を一手に引き受けてくれますので、オーナーは黙っているだけで家賃収入が入ってきます。家賃収入の一定額をサブリース会社に支払うだけでいいです。