賃貸経営における良いサブリース会社の選び方

SHARE

賃貸経営における良いサブリース会社の選び方

賃貸経営でサブリースを利用するというのであれば、パートナーに当たるサブリース会社をしっかりと選びたいところです。長ければ30年近いお付き合いになりますので、オーナーの考えを反映してくれるような会社を選びたいです。それではよいサブリース会社を選ぶポイントについて紹介することにします。

事業計画は適切なのか?

賃貸経営を行うに当たり収支予測を含めた形で事業計画を立てるわけです。サブリース契約を行うのであれば、サブリース会社に事業計画案を作ってもらうのがいいでしょう。できることであれば、複数の会社で事業計画案を作ってもらって、それを比較してみてください。事業計画案に疑問があればきっちりと質問をしてみて、対応能力を見極めてください。

 

リサーチ力が適切なのか?

周辺の競合物件に打ち勝って空室を出ないようにするためには、周辺地域に関するリサーチ力や入居状況をどれくらい把握されているのかを確認すればいいでしょう。一律な分析だけでなく将来どうなるのかということにも精通していることがポイントです。

 

建物管理に実績があるか?

どのくらいの建物規模で管理実績を持っているのかとか、メンテナンスをどのような形でやるのかなどを確認するべきです。入居者をどのように集めるのかというのもとても重要です。きちんと管理がされていないと空室リスクが高まるだけですので、どれだけ実績があるのかを事前にチェックしておくといいでしょう。

 

良いサブリース会社と付き合うのが一番いい

賃貸経営で成功を収めるためには良いサブリース会社と付き合うのが一番いいわけですので、そのためにしっかりと以上の点を踏まえて、会社を比較しながら選ぶようにするといいでしょう。