賃貸経営におけるサブリースと管理委託の違いは

SHARE

賃貸経営におけるサブリースと管理委託の違いは

賃貸経営を行う際に管理契約をサブリースにするか管理委託にするかによって全然違ってきます。果たして皆様は両者の違いについて把握されているでしょうか、手数料の問題だけでなくその他にも大きな差がありますので、両者の違いについてよく把握しておいたほうが損をせずに済みます。

入居者と誰が管理をしているのか?

入居者と契約を結ぶのは、サブリースであればサブリース会社に当たり、管理委託であればオーナー自身です。どちらにしても入居者や物件についての管理を行うのは同じですが、サブリースであれば入居者とサブリース会社が賃貸借契約を結ぶのに対して、管理委託であれば入居者とオーナーが賃貸借契約を結びます。つまり、サブリースであれば入居者とのやり取りは一切行う必要がないわけです。

 

手数料が全然違う

一般的にサブリースと管理委託の手数料は全然違ってきます。サブリースであれば10%から20%ぐらいで、管理委託であれば4%から8%という風に開きがあります。ずいぶん開きがあるわけですが、何でこんなに違うのかと言うと、オーナーと入居者が直接かかわるかどうかという点と結びつくからです。

サブリースであればオーナーとしてはサブリース会社にお金を支払えば何もすることが無いからです。だからこそ、こんなに手数料を高く取っています。何も知らない人が管理を行うのは難しいでしょうから、何もやらずに済むという安心料として高い手数料を支払うという考え方もあります。

 

違いを良く把握してから契約を結ぼう

サブリースと管理委託の違いが分からずに、手数料が安いということだけで管理委託を選ぶのは失敗してしまいますので、お互いの違いについて把握した上で契約を結ぶようにしましょう。