アドバイス一覧

公認会計士を目指す人が多い理由

投稿日:

監査業務や会計業務など、公認会計士の仕事は経済社会の中でもプロとして活躍が期待できる資格です。

しかし資格の取得は大変難しいとされています。 公認会計士の仕事はどれほどの魅力のある仕事なのでしょうか。

実際に公認会計士として仕事をしている方々の意見などからその魅力を探ってみます。

男性会計士のイメージ

魅力1.やりがいがある

公認会計士として仕事をされている方の多くが仕事に対してやりがいを感じています。

近年、公認会計士は社会の中でも必要とされる場面が多く、活躍の場が広がってきています。

監査業務だけではなく企業へのコンサルタント業務など会社経営のアドバイザーとして多くの企業から頼りにされています。

企業や人の役に立つことができる、そんな公認会計士の仕事には大きなやりがいがあります。

魅力2.男女平等な環境

公認会計士の世界には女性も多く活躍しています。仕事をこなすうえで男女に差はありませんが、女性の場合は結婚や出産などにより仕事をセーブしなければいけない状況があります。

しかし公認会計士の資格を取得した女性でしたら資格を生かし、子育てをし家庭を守りながらの仕事が可能になります。

もちろんキャリアを積んで男性と同じ仕事量をこなす女性も多くいます。 資格を取得してしまえば男女関係ない仕事ができるのも公認会計士の魅力です。

魅力3.安定していて高収入

公認会計士の平均年収は800万円といわれています。他業種に比べ、高収入なのも大きな魅力です。

勤務年数や本人の努力次第で1000万円を超えている人が多く、世間一般のサラリーマンと比べると高収入な仕事です。

また就職先などに困ることもありませんので大変安定して高収入を得ることができます。

取得できれば人生が変わる

公認会計士の資格にはたくさんの魅力があります。資格を取得できればその後の人生が大きく変わるともいえる資格でしょう。

資格を持っているということでまわりからの評価も上がり信頼を得ることもできる資格です。

人生を充実させるために決して無駄にならない資格であるといえます。

-アドバイス一覧

Copyright© 公認会計士を目指す人へのアドバイス , 2019 All Rights Reserved.