アドバイス一覧

公認会計士になるまでの道は険しいのです

投稿日:

公認会計士になるためには、いくつかのステップを越えていく必要があります。一番有名で、多くの人が準備、対策を行うのが国家試験ですが、国家試験以外にも、必要なことがあるんですよ。

右手の掌を見せる男性

一番最後に待っている修了考査に油断しないで

公認会計士の国家試験は、マークシート式の一次試験と、論文式の二次試験があります。

一次試験をに合格した人にしか二次試験を受けることが出来ませんから、まずは一次試験突破が最初の壁になると言えるでしょう。

専門のスクールや大学、大学院では、この三代難関国家試験とも言われる試験に合格するための勉強を行います。

でも、実は一次試験と二次試験の他にもう1つ試験を受けなければいけないことを知っていますか?

国家試験に合格した後は、2年以上の実務経験が必要になります。 そしてその実務経験のあと、最後の試験である修了考査があるのです。

公認会計士の一番の壁は、最初の国家試験だと言えますから、そこを、突破できていたらもう安心だと思う人も少なくないですが油断は大敵です。

実務経験まで終われば、簡単に資格取得ができると思っていたら修了考査で不合格になってしまったという人も中に入るんですよ。

もちろん国家試験のように合格率が低いわけではないので、合格する人の方が多いのですが、何も対策しないのは、不合格のリスクがありますから要注意ですよ。

もし、不合格になったとしても、修了考査は毎年行われていますから、翌年にまた受ければ良いのですが、ただでさえ2年間実務経験です資格取得に足踏みをしていたのですから、早く合格したいですよね。

公認会計士の資格取得の3ステップは最後まで気を抜かないこと

公認会計士の資格を取得するためには最後まで気を抜かないことが大切です。

-アドバイス一覧

Copyright© 公認会計士を目指す人へのアドバイス , 2019 All Rights Reserved.